サービス


経営改善支援

厳しい経営環境で売上が伸びない中、借入金返済や金利支払い等に悩んではいませんか?経営者一人で悩んでいても解決案は出てこないことがあります。

経営改善について、ご支援させてください。

代表取締役の林原は信頼できる経営革新等支援機関です。

 

 



生産期間短縮支援

製品の生産期間(時間)が短縮できないため、顧客から注文に対応できず納品できない、原材料・仕掛品の在庫が多くなる、製造費用(特に人件費)が大きくなる、などの問題は発生していませんか?

生産期間の短縮には、次の3つの観点から支援を行います。

①現状分析

 現状の各工程、各作業の流れと所要時間はどのようになっているのかの現状分析します。現状分析を行うことで、どこで、何が生産期間が長期間(長時間)になっている要因となっているのか確認します。この分析の結果、現状のボトルネック(生産期間が長期化する主原因)を見つけ出します。

②ボトルネックの改善・解消

 現状のボトルネックを改善します。ボトルネックを改善しないと生産期間は短縮できません。ボトルネックとなっている原因を取り除きます。ボトルネックが解消すると、2番目のボトルネックの工程/作業の改善・解消に取り組みます。

③ムダ取り

すべての工程・作業でムダをなくし、各工程・作業に要する期間(時間)を短縮します。

この①、②、③を繰り返すことで、生産期間はどんどん短くなっていきます。

 



開発期間短縮支援

製品開発期間が長期化すると、開発につぎ込む費用(人件費・時間)が膨大となり状況によては経営を圧迫することになります。もちろん開発に携わっている人のモチベーションも低下してしまうので、できれば避けたいものです。

 

製品開発の支援にあたっては、3つの面から支援を行います。

1.開発管理面

何を、誰が、いつ開発するのかを明確にします。

 2.技術管理面

開発する製品にしようする技術を転用、流用、新規開発の3つに分類することで、技術リスクを最小化、開発期間の短期化を図ります。

3.技術開発面

新規開発については、技術的、物理的問題の解決を図ります。

 



研修・セミナー

生産性向上支援を大きなテーマとして、セミナーや研修を行っております。

セミナーは、生産性向上に対する考え方の紹介を通じて、企業様の生産性向上のサポートを行います。

研修は、事前の打合せを通じて企業様の求めるテーマに向けてカスタマイズを行い、満足度の高い研修になるようにしております。

 

2019年のセミナー・研修の実績は次のとおりとなります。

2019年1月23日

 日刊工業新聞社様にて:セミナー「なぜ改善活動が成果に結び付かないのか?

                 -改善活動がムダに終わる理由」

2019年5月16日

 ポリテクセンター千葉様にて:研修「成果を上げる業務改善」

2019年8月21日

 ポリテクセンター高知様にて:研修「成果を上げる業務改善」

2019年9月20日

 ポリテクセンター高知様にて:研修「成果を上げる業務改善」

2019年10月16日

 ポリテクセンター徳島様にて:研修「現場社員のための組織行動力向上」

2019年11月21日

 ポリテクセンター高知様にて:研修「購買・仕入れのコスト削減」

2019年11月28日

 ポリテクセンター静岡様にて:研修「ものづくりの仕事のしくみと生産性向上」